気になる更年期障害の症状|不快な症状は病院で治療しよう

医者

信頼できる治療のために

入院患者

医療設備が整い、医療スタッフの対応力の優れた世田谷区の医療機関を選定することで、より良い透析治療を受けることが出来ます。継続的な透析を続けていくためにも、個々のニーズに合わせた信頼性の高いサポート体制の充実した病院選びが重要です。

読んでみよう

大腸の難病に挑む

お腹を押さえる男性

大腸の一部または全体に炎症や潰瘍が広がり、慢性的な下痢・血便・腹痛が発生する潰瘍性大腸炎は難病にも指定されています。内科療法は炎症を抑える薬や免疫を抑制する治療が中心です。内科療法が困難な場合に実施される大腸全摘手術も、近年は術後のQOLが向上しました。除菌療法や糞便移植療法の研究も進んでいます。

読んでみよう

更年期の辛い状態を解決

悩む女性

女性の場合、閉経前に更年期障害という病気に見舞われ、心身に悩みを持つようになります。その主な症状はイライラや、落ち込み、気力の低下などでありますが、人によっては不眠を訴える人もいます。眠れないのは疲れているからと思っていると、不眠がなかなか解決しないことに気づきます。いつもと違った状態に疑問を抱き、調べてみたら更年期障害が関係しているとわかります。眠れないと体が辛いから、なんとかして解決を図ろうとします。不眠でも更年期障害でそうなっているとなれば、病院へ行って解決した方が良策といえます。更年期障害がたいした病気ではないと思っている女性は多いですが、それは間違いで放っておけば症状を悪化させることになるのです。

更年期障害で不眠に見舞われたら、辛い症状を我慢せず早めに医療機関を受診するのが大切と言われます。自力でどうにかしようとする人もいますが、更年期障害は自分が頑張っても解決することではないのです。その理由に更年期障害の症状は女性ホルモンの影響で起きているので、その部分を改善しないと不眠といった症状は治らないわけです。医療機関を受診すれば、ふさわしい治療を行ってくれますので更年期障害の解決が早いです。婦人科では女性ホルモンを補充する治療が行われたり、心療内科では気持ちを楽にする精精神安定剤などを処方できます。最近は不眠の問題を専門に扱う、睡眠外来もできていますので気軽に利用できます。

病気のリスクを高める喫煙

カウンセリング

肺がんの原因となるのは喫煙で、発がん性のある煙を吸うことで発症します。また受動喫煙もがんのリスクが高まります。肺に有害物質が入ることで大気汚染も原因の一つとなります。発症するのは50代を過ぎてからが多くなります。肺がんの種類は小細胞がんと非小細がんがあり治療法は異なります。

読んでみよう